メイン画像

たたみ方ひとつでタンスが変わる

シーズンごとに新しい洋服を買い足していると、気付けばタンスに入りきらなくなってしまったという方は多いのではないでしょうか。

また、タンスに無理やり押し込めたとしても、次に取り出す時に探したい洋服が見つからなくなってしまったり、また取り出すのに時間がかかって朝の身支度に余計な時間を取られてしまうということになりがちです。

そんな時に気をつけたいのが、タンスに入れた服のたたみ方です。たたみ方を工夫するだけで、このような問題を解決して快適に朝の身支度を済ませることができます。
また、一目でどこにどのような洋服が入っているかを把握することができるようになるので、毎日のコーディネートがしやすくなり、おしゃれが楽しくなります。

こうした使いやすいタンスにするための服のたたみ方のコツは、まず第一に洋服を上下に重ねないようにしてたたむということです。洋服を上下に重ねてしまうと、下になった方の洋服がタンスを開いた時に見えないため、ぱっと見で何がどこにあるのか把握することができなくなってしまいます。

だから、洋服をたたんだら上下に重ねるのではなく、縦に並べて行くようにタンスに詰めて行くのが大切です。ちょうどドミノ倒しのような形で、タンスにたたんだ洋服を並べていきます。

こうしたタンスへの入れ方をしやすくする洋服のたたみ方は、タンスの深さを目安にしてたたむことで作ることができます。たたみ終わってタンスに入れた時に高さがそろうようにしておくと、見た目にも綺麗ですしぱっと見て探しているものを取り出しやすくなります。

高さがバラバラだと、高いものの影に低いものが隠れてしまって、結果的に探しているものが見当たらなくなってしまうのです。タンスの深さの長さを基準にして、トップスならばまず左右の余っている部分を真ん中に向かって織り込みます。

次に袖の部分をトップスの裾の方へ折り返して、最後にタンスの深さにぴったりとあう長さで胴体の部分をたたみます。こうしたたたみ方をして、ちょうど胴体を折り返した折り目の方を上にしてタンスに入れれば、一目で場所が把握できる綺麗なタンスを作ることができるのです。

ボトムスの場合も同じように、左右を折ってちょうどいい幅にしたら、タンスの深さに合わせて縦に折りたたみ、折り目が上に来るようにタンスに並べていきます。この時に、トップスとボトムスでタンスの段を変えれば、より使いやすく収納することができます。